キャッシング はじめに:優しい叡智倶楽部:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
初めての方はこちらをお読みくださいね。 優しい叡智倶楽部について
はじめに ブログトップ

無知の知〜善意は善であるとは限らない〜 [はじめに]

「遅くまでお疲れさま」
上司は笑顔でそう言って、
あなたに缶ジュースとケーキを手渡した。

だが、どうだろう。
缶ジュースの成分表示には「青酸カリ」、
ケーキの材料名に「ヒ素」と書かれていたら。

あなたは「青酸カリ」や「ヒ素」が、
少なくとも強力な毒であることは
知っているだろう。

だが上司は、
「青酸カリ」「ヒ素」が何か知らない。

あるいは知っていても、
まさか入っているなどと夢にも思わず、
成分表示まで見ることなく買ってきてくれた。

ただただ善意で、
純粋なねぎらいの心で、
笑顔で手渡してきた。

さあ、あなたは食べるだろうか?


どうも、ますてぃと申します。

善意が善であるとは限らない
そんな場合があります。

「さすがにヒ素はないよ」
あなたの常識は、そのように笑い飛ばすでしょう。

では、食品やドリンクの添加物、
加工前の主原料、
どれだけ意識しているでしょうか?

缶コーヒー、
エナジー系ドリンク、
見方を変えれば砂糖とカフェイン、
そして添加物の塊です。

急激に血糖値を上げる劇薬です。

お中元などで贈られる日用品、
贈り物を選ぶ際に、
成分表示を見て判断しているでしょうか?

動物実験レベルでも、
皮膚に塗ったら多臓器不全やガンを発症する
メーカー品もあります。

無知の善意ほど、
恐ろしいものはないです。


「お気持ちだけいただきます。
 ただ、缶コーヒーは毒性が高く、
 飲まないようにしています。」

そう伝えたある人が、
ここ数日、何度か聞いてきました。

面倒見の良い人です。
ただ認識、意識が違うだけ。

その人が、こう言いました。
出された缶コーヒーや
ロールケーキを指して。

「これは体に悪いんじゃないの?」

私は答えます、
「はい、悪いですね」

その人は言います、
「食べれるものないやん」

答えます、
「(本当はあるけど)そうですね」

私の口から、
何が聞きたかったのでしょう?

ご自身の善意を否定された反感、
それが先行していたとしか
取りようがありませんでした。

そもそも問う相手や内容が違います。

そんなものを、
当たり前のように流通させている主体者にこそ、
第一に問い正すべきなんじゃないか。


肝臓はじめ、
私たちの体は24時間、
パワフルに働いて毒を排泄してくれます。

知れば知るほど、
奇跡としか言いようのない
精密さと性能で!

それにしたって、
限度があるからわざわざ言うんです。

想像してください。

あなたが善意で贈った食べ物や日用品が、
積もり積もって、
ガン精神疾患不妊アレルギー性疾患などの
原因になっているとしたら?

薬と称して、
体をズタズタにするものもあります。

善意は必ずしも善ではない
これを的確に描いた話があります。

「ワンピース」という漫画の、
チョッパーというキャラクターが
医者になるきっかけとなる話です。

・・・長くなるので紹介だけ、
ぜひ一度読んでください^^;

ともあれ、
商品の良し悪しを、
国や企業のせいにして済む
話ではないでしょう。

突き詰めれば生活者が選ぶんです。

矛盾を抱えながらも、
私が「地球にも優しい」を追求するのは、
地球に優しいモノゴトは、
人にも負担が少ないからです。

気づいてる人たちは、
日用品も食材も、
暮らし方も、
当然のように切り替えています。

私なんかより、
何千歩も先を歩かれている人も、
大勢いらっしゃいます。

私の友人もつい先日、
自然栽培」の農園をオープンしました。

こちら→元ちゃんファーム

かっこいいと思いました。
リスクも承知で、
安心して食べられるものを
作ってくれています。







食べれるものがない、
という人の目には、というか、
意識という視界の中には、
「食べれるものがない」
と映ります。

日用品もそう。
探せばいくつも選択肢はあります。

でも、意識の中になければ、
探す気にもならないのが、
私たち人間です。

人間は、
結局自分の感情やエゴでしか、
物事を決められない存在です。

さらに困ったことに、
人間は潜在意識レベルで
変わりたくない」と思っています

安全を担保したい欲求からです。

また「大勢」が信じる、
あるいは信じ込まされている常識の中に、
染まっていたいと思いがちです。

だって、安全だと思えるから。

でも究極、
人生は、
100%自由意志です。
そして100%自己責任です。

いただくものも、あたえるものも。

心はなにより大切だと思います、
でも心だけでは、自分や人を守れません。

知識や知恵も、
身につけなくてはいけませんよね。

特定の権威が言うから、
正しいわけでも、いいわけでもない。

大事なのは、本質的な中身ですよね。

人間を本当に豊かにするモノゴトを、
しっかりと見極めて
暮らしていきたいですね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本来のカラダを取り戻す基本概念3 [はじめに]

どうも、ますてぃです。
「本来のカラダを取り戻す基本概念」シリーズ
第3回目となりました。

第1回では、
基本概念を箇条書きで
4項目紹介しました。
大切ですので確認のため^^;

1有害な物質や情報をカラダに入れない
2有害な物質や情報をカラダから取り除く
3カラダが本当に喜ぶモノやコトを摂り入れる
4カラダ本来の力を信じて任せる

です。

そして第2回では、
1と2を掘り下げました。

今回は3と4を詳しくみていきます。



3カラダに善いモノやコトを摂り入れる

本来は、1や2とも密接につながりますが、
現在はキャッチフレーズが刷り込まれ、
「カラダにいいものを摂ろう!」ということだけが
先行しがちです。
ですので、1→2→3という
考え方の流れ、意識の流れを作っていきましょう。

今、多くの「健康」「美容」「老化防止」などを謳う
モノやコトが溢れています。
その中に「1」は含まれていないか、
という感じですね。

より良いものを選ぶ知識を育てながら、
取り入れていきたいですよね。

power.jpg

4カラダ本来の力を信じて任せる

最後に4。
1から3を、一気に頭だけで完成させようとすると、
結構、脳みそ的に、精神的に、
無理をすることになり疲れちゃいます。

あれもダメ、これもダメ、と
神経を使いすぎて、
いいことをしているはずのに満たされないとか、
不安だけが残ったりとか。

また、疲れを感じると続かなくなります。
飽きが生まれたり、
続けられないことで「自分はダメなんだ」と
なりかねません。

ダイエットを一気にやろうとして失敗するのと、
似ています。

そういう場合は、
少しずつ生活を変えていくつもりで、
やっていくといいですね。

実は、カラダがキレイに戻ってくるほど、
1から3は自分自身が
「喜ぶ選択肢」につながっていきます。

「飲んじゃダメ!食べちゃダメ!」とか、
「あれをしなきゃダメ!」などと
無理をしなくても、
「いいな〜」と感じながら、
自然と生活の一部となります。

例えば、私はパンとコーヒーが大好きでしたが、
「なくてもいいか、ありがとう」
くらいになり、基本的に食事はお米中心、
コーヒーはせいぜい1日2杯程度になりました。

良いもの悪いものを、
カラダはずっと前から知ってたんだな、
そんな風に感じます。

このブログでは、
たくさんの情報をシェアします(予定です)が、
具体的な情報だけに振り回されないよう、
何より続くよう、
ご自身のペースで進めていってください。

<<<第2回へ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

本来のカラダを取り戻す基本概念2 [はじめに]

どうも、ますてぃです。
「本来の体を取り戻す基本概念」シリーズ
第2回目です^^

前回は、
本来の体を取り戻すための基本概念を
箇条書きにして紹介しました。

1有害な物質や情報をカラダに入れない
2有害な物質や情報をカラダから取り除く
3カラダに善いモノやコトを摂り入れる
4カラダ本来の力を信じて任せる

今回からは一つずつ、掘り下げてみます。



1有害な物質や情報をカラダに入れない

ほとんどの化学的に作られた物質は、
カラダに良いものではない、
と疑った方が良いでしょう。

なぜなら、肌につけるものでさえ、
安全か有害かを、
十二分な期間を通して検証していないからです。

ただ法律で一定期間のテストをパスすれば、
「安全」と認められているだけです。

もちろん、自然界にも、
毒というものは存在します。
適量なら有益でも、
過剰摂取によって害となるものもあります。

ともあれ、まずはできる限り、
有害な物質を遠ざけるよう
知識をつけて「買い物」
していきたいところです。

デトックス.jpg

2有害な物質や情報をカラダから取り除く

しかし、現代に生きる以上、
どうしたって避けられないものもあります。

例えば大気汚染。
空気が汚れてる!と言って、
息を止めては何分も生きていけません^^;


一定量は肝臓をはじめ、
カラダ自体が対応をしてくれます。

ですが嫌が応にも、私たちのカラダは、
毒素を溜め込んでいきます。

そこで生活に取り入れていきたい知恵が、
毒素を体外へ出すこと、
デトックスです。

これも様々な選択肢があります。

<<<第1回へ  第3回へ>>>




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

本来のカラダを取り戻す基本概念 [はじめに]

どうも、ますてぃと申します。

今回は、優しい叡智倶楽部のテーマでもある、
健やかな暮らし方について、
土台となる考え方を書いてみます。

この考え方から、
ひとつひとつの具体的な知識へと
繋がっていきます。

つまり、
ここをしっかり腑に落として
意識することで、
自ずと選択肢は広がってくる、
とも言えます。

題して、
「本来のカラダを取り戻す基本概念」
です^^



ポテンシャル.jpg

本来のカラダ
それは私たちひとりひとりが
生まれ持った健全な心身、
と仮定してみます。

もちろん、
生まれた時点や、
二十歳前後をピークとする、
というわけではありません。

今時点での「本来」です。
可能性やポテンシャルといった部分も含みましょう。


さて、私たちは日々、
様々なモノゴトにして、
良い影響も受け、悪い影響も受けますね。

悪い影響が、
私やあなたの許容量を超えると、
私たちはカラダを崩します。

カラダを崩すと「治療」しなくちゃと思います。
主流なアプローチは西洋医学で、
悪くなったところや症状に処方します。

そして、
同じく西洋で育まれた栄養学をベースに、
栄養を補うよう心がけます。

さて、これで良かった時代はいいでしょう。
実際、恩恵もあったことと思いますし、
全てを否定するわけではありません。

ですが、
根本解決になるのか?
という疑問が生まれるには、
現代は十分すぎる時代です。

カラダ自体が壊れるには、
必ず原因があります。

原因に気づけず、解決できずにいては、
別の故障がすぐ起きます。
そして、
悲しいことですが、
ものによっては世代を越えていきます。

根っこから見直すために、
考え方を確認していきましょう^^


本来のカラダを取り戻す基本概念

1有害な物質や情報をカラダに入れない
2有害な物質や情報をカラダから取り除く
3カラダに善いモノやコトを摂り入れる
4カラダ本来の力を信じて任せる

続く>>>




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

優しい叡智倶楽部について [はじめに]

管理人のますてぃと申します。
まずはブログにお越しくださり、
ありがとうございます^^

私たちを取り巻く生活環境は、
近年、急速に変化しています。

便利さや清潔さの反面、
これまでなかった病気が発生しています。

なぜか急速に増えた(ガン)、
アトピー性皮膚炎、
特定の花粉や食材に異常反応してしまう、
アレルギー反応。

そして、電磁波過敏症。

あるいは新たに「病気」と命名されたものや、
名前はない、たしかな「症状」も存在します。

私は医師ではありませんが、
豊かと言われる先進国、特に日本で、
なぜこれほどまでに「病」が増えているのか
ずっと疑問でした。

もともと興味は広い方ですし、
医食同源」からはじまり料理
環境論、西洋医学東洋医学
民間療法代替医療などなど、
浅く広く(笑)、知りたいことを
インプットし続けています。

そうして知り得た情報の
アウトプットの場として、
同時に、私以上に知識やご経験のある方との
交流の場として、
優しい叡智倶楽部」を立ち上げました^^

このブログで配信する叡智の基本コンセプトは、
できるだけ特定の製品の紹介ではなく、
その根本概念といいますか原理を、
身近なもので創造することに置こうと考えています。

どうしても必要な原料レベルの情報は、
参考までに公開しようと思っています。

すべての情報は、
あなたの生活に取り入れるかどうかは、
すべてあなたの権利責任です。

本来の自分自身のポテンシャルを活かす、
より良い暮らしのあり方を、
一緒に考えていければと思います。

睡蓮.jpg

PS
表示される広告について。
ご興味のある広告があれば、自由にお使いください。

ただ、私がイメージしているのは、
広告主の広告料を私の運営費として、
より良い選択肢の提供に、一役買っていただく
そんな感じです^^

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
はじめに ブログトップ