キャッシング お風呂:優しい叡智倶楽部:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
初めての方はこちらをお読みくださいね。 優しい叡智倶楽部について
お風呂 ブログトップ

水素風呂って本当のところどうなの? 水素風呂の話1 [お風呂]

どうも、ますてぃと申します。

今回は水素風呂のご紹介です^^

いっときブームになった水素、
私は浮ついたブームが好きではないため、
初めは半信半疑で眺めておりました。

だいたい、ブームをあおる時って、
メリットばかりが目立って、
尾ひれがついて、
さらに火がついて炎上しますもんね(笑)。

で、どうなるかと言えば、
中身のない話題性が燃え尽きると、
ブームがさります。

スカッスカの空焚きといったところです。

だから本当のところがわかりにくい、
悲しい哉、世の常ですよね。

自らきちんと学び、
実際に試してみて、
生活に取り入れるかを
考えていく必要があります。

では、水素風呂はどうか。

水素風呂.jpg



私自身の結論としては・・・
これは予想以上だ!! です^^;

まず、心身の疲労の回復が、
非常に早く感じました。

試した入浴剤(がわり)の中でも、
最もお湯自体がやさしく感じられました。
長く入って入られます。

入浴した手応えは良かったので、
はじめデトックス風呂として紹介しようと
思っていたのですが・・・

この頃まで調べるほどに、
これはデトックス以上の可能性があるかも!
と感じるほどとなりました^^

他のデトックス風呂はこちら。

さて、後ほど注意点(デメリット?)も
考えていきますが、
水素風呂には、
以下のようなメリットが考えられます。

【水素風呂のメリット】
・お風呂の塩素が軽減できる
・通常のお風呂に比べ、血流の量と循環のスピードが向上する
・通常のお風呂に比べ、体温が上昇し、持続する
呼吸や全身の皮膚から水素を吸収でき
 体の隅々まで浸透させることができる
・毎日の入浴で、気軽に、継続的に水素を取りやすい

水素水を飲む、と言う選択肢もありますし、
取り入れる方法によって
期待できる結果が少し違うようです。

水素をより効果的に取り入れたい方は、
全身から吸収できる水素風呂をおすすめします。

経口摂取(水や食べ物)では浸透しにくい器官・場所まで
水素を取り入れることができ、
細胞を傷つける活性酸素を全身から除去・軽減してくれます。


結果、どんなことが起こり得るでしょうか?

【水素風呂に期待できること】
肌の再生力アップやアンチエイジング効果が期待できます。
シミやソバカスなどの抑制が期待できます。
髪を作る毛母細胞を健康な状態に戻すため、
美しい髪を保つヘアケアも期待できますね。

顔や頭皮まで浸かるのがオススメです^^

また、新陳代謝や免疫力がアップするので、
ダイエットデトックスにも期待が持てます☆

最大の特徴である
「活性酸素を身体中から除去軽減する」
と言う恩恵は、書き出したらきりがありません。

私たちのカラダを、最も蝕むものの一つが、
この活性酸素で、
「老化」と名付けられた現象と深い関係があります。
(活性酸素については別の記事で)

では、そんなメリットだらけの水素風呂を
ご家庭で簡単に作る方法をご紹介します。



2へつづく>>>

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

今更聞けないお風呂の基本2〜お風呂の適切な入り方〜 [お風呂]

どうも、ますてぃです。

前回は大雑把に、
お風呂に入ることとシャワーを比べて、
お風呂は善いこと尽くしですとお話ししました。

今回は今更聞けないお風呂の基本、
「お風呂」の適切な入れ方、入り方を、
ご紹介します。

お風呂2.png



まず準備
浄水器があるお宅も増えていますが、
地域差はあれど、今の水道水は「塩素」が入っています。

ここでは水道水中に入れられる、
様々な「殺菌剤(カルキ)」を総称して、
「塩素」と呼びますね。

この塩素、強力な殺菌力がある酸性の成分で、
私たちの体にもダメージを与えるものです。

長時間放っておけば、ある程度は抜けますが、
お風呂の場合、湯船にお湯を張ってすぐ入る、
ということがほとんどだと思います。

塩素を取り除くことで、
カラダに楽な水を手に入れられます。

では、どのようにすれば、
この塩素を取り除くことができるのでしょうか?


まずは、この塩素を中和する方法から。




塩素は有機物と反応させることで消えます。
というより、そもそもが水道の中の細菌など(有機物)を
駆除するために入れられたのが塩素です。

私たちが入浴することでも塩素は消えますが・・・
これでは本末転倒ですね(笑)

塩素を中和する方法は色々ありますので、
日替わりで試すのもいいですね。
では手軽なものをご紹介します^^

1 活性炭を入れる。
粉状のものや棒状のものがあります。
これをお風呂に入れてかき混ぜることで、
塩素を中和してくれます。

2 ビタミンCを入れる
食品として売られていますので、
こちらも手に入れやすいでしょう。
お湯200Lあたり
計量スプーン1杯(およそ800mg)あれば十分です。



3 マグネシウムを入れる。
今、粒状のマグネシウムやマグネシウムを活用した
入浴アイテムが売られています。
これらを利用することで水素を発生させ、
水素風呂ができます。
水素によって塩素も中和することができます。



4 米のとぎ汁を入れる。
多くのご家庭で、
ほぼ毎日出しては捨てられている米のとぎ汁。
実は様々な活用法がある万能液です♪

そのひとつが入浴剤代わりにすること。
お米のとぎ汁で、塩素を中和できます。

とぎ汁は一回の洗米で結構できますので、
捨ててしまうくらいならそのままお風呂に
入れてしまいましょう♪

十分な塩素の中和をしてくれます。





温度と入浴時間

そして、お風呂は温度と入浴時間がか〜な〜り重要です!
温度は37−40度が目安です。
少しぬるいのでは、と感じるかもしれませんね・・・

入浴時間は15分から20分じっくり浸かりましょう。
体調や気温によって、心地よい温度を選んでください。

こうすることでカラダの芯まで温まります。
カラダの隅々まで血液がよくめぐり、代謝も上がります。
体温が上がると免疫も向上します。

また、副交感神経が優位になり、
深いリラックス状態になります。

実は私たちのカラダは、
リラックスするほど
本来持っている能力を発揮できます

健康増進や美容促進、自然治癒など、
最大限に自分を生かすには、
リラックスが大切なんですよね。
これこそ「万病退治の大船」と豪語する理由です!

よくあるのが、高めの温度のお湯に入って、
「スッキリした!」という達成感の罠ですね。

この時、実は私たちのカラダは、
リラックスどころか活性化してます。
交感神経優位、つまり興奮状態です。

達成感に反して、さほど疲れは取れません。
高温の長風呂は、心肺への負担も増やします

我が家は祖父と同居していましたので、
いつもお風呂の温度が44度設定・・・

何度言っても聞かないので、
祖父が入浴した後、温度を下げて入浴していました^^;

お風呂の基本は、

1 塩素を中和して
2 37−40度の温度で
3 15−20分浸かる

です♪



<<<お風呂かシャワーか

さらなる高み?デトックス風呂
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

お風呂の話〜お風呂かシャワーか〜 [お風呂]

どうも、ますてぃです。
今回は、
古来、日本人も愛したお風呂についてです。

最近はシャワーだけで済ます人が増えています。
確かに手軽だし、短時間で済む、という点で、
メリットを感じる人も多いでしょう。

しかし、お風呂!
これはちゃ〜んと活用すると、善いこと尽くしです♪
万病退治の大船といっても過言でないほどですよ^^

YU201903.png




シャワーと思うと、
かなり水・水道代の節約になります(笑)。

浴槽からオケで湯をくみ、
髪や体を流すと、
使用するお湯の量がうんと減ります。

特に冬場は、
シャワーでも暖を取りたくなるため、
ついつい湯を出しっ放しにしがちです。

そして肝心な「暖」。
お湯の消費量に対して、
さほど温まりません・・・

このシャワー出しっ放し、
浴槽に換算するとどれだけになるか、
ちょっと想像してみましょう^^;

さっぱりはするけれど、
湯船ほどリラックスしませんよね。

とはいえ、どうしてもシャワーがいい!
という人もいるでしょう。
せめて塩素除去機能のあるシャワーヘッドに
交換していきましょうね。

後ほど紹介しますが、
「塩素」は本来劇薬です。

お風呂にすることで、
「塩素」と触れる機会を
減らすことができます。

なんだかシャワーを
悪者のように書いてしまいましたが(苦笑)、
私もシャワーで済ませる時もあります。

より安全で心地よい選択肢として
お風呂を見直してみる機会になればと思います。

それでは、お風呂の知恵を深めていきましょう♪



お風呂は万病退治の大船>>>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
お風呂 ブログトップ