キャッシング 血圧・高血圧:優しい叡智倶楽部:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
初めての方はこちらをお読みくださいね。 優しい叡智倶楽部について
血圧・高血圧 ブログトップ

血圧のウソホント 高血圧の真実 3 [血圧・高血圧]

【血圧を変動させる要因】

そもそもですが、

血圧はものすごく多くの要因で変動します。


一例を挙げてみます。



体格、性別、気温、時刻、食事、運動、入浴、喫煙、

アルコール摂取、感情、性行為、心的要素、薬剤服用、

体位、アレルギー反応、排尿排便…etc.



詳しくは以下もご参照ください。

Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E5%9C%A7



また、敢えて挙げませんでしたが、

一般に血圧は、年齢を重ねるごとに、
基本的に上昇していくものです。




血管そのものが細くなり老朽化する中で、

私たちのカラダは、

隅々まで血液を送ろうとします。


だから「血圧が上がる」んですね。




例えば、

20歳では上が110だった人が、

健康そのもので半世紀を暮らしたとします。



その人が60歳になる頃に上が170になる、

これは自然なことなんです。


セカンドオピニオンとして活躍されている

近藤誠先生というベテラン医師は、

年齢+110=適正血圧」と

提言されています。



もちろん、

戸籍年齢や暦年齢が、

イコールで実年齢ではありません。

血圧との関係で考えるべきは、

「肉体の実年齢」でしょう。


暦年齢65歳、

肉体年齢45歳の人は、

155まで血圧があっても気にしなくていい、

そんな具合です。




にもかかわらず、

日本高血圧学会や米国心臓病学会・米国心臓協会が

設定している「正常な血圧」は、

年齢補正がありません




20歳時点での身体能力を「ベスト」とする

健康とは違う視点

純粋科学ではない何か、

導きたい結論有りきなのかもしれません。



【降圧剤について】


一定の上限を上回った人は、

それが自然健康なことであっても

「高血圧」と診断され、

降圧剤が処方されます。


高血圧 降圧剤 ウソ.png

必然、年齢が高くなるほど

降圧剤を処方される可能性が高くなります。


そもそもが“健康を保つために”、

加齢とともに上昇するのが血圧


この生命維持機能が「高血圧」と診断されます

降圧剤はこの生命維持機能も抑制するものです。



万一にも処方するなら、

血管を20代まで若返らせる、

「若返りの薬」にすべきですよね^^;




この降圧剤、

現在日本で一番売れている「薬」です。



前半でお伝えしたように、

血圧の上限値は8年で50引き下げられました。

これによって、

降圧剤の年間売り上げが

およそ2000億円から1兆円へ激増しました。

東洋経済2017/03/30
https://toyokeizai.net/articles/-/165192?page=2


これらのガイドライン変更によれば、

加齢とともに血圧が上昇する以上、

ほぼすべての人類は「高血圧」になります。


「健康」であるためには、

降圧剤を一生飲み続けなくてはならなくなるわけです。



実際に、血圧の高さと病気リスク、寿命とは

どのような関係があるのでしょうか?








【降圧剤でリスクは下がる?】


前述の近藤誠先生は、

次のように述べています。



血圧をクスリで下げるほど、

脳卒中などのリスクが高まり、
死亡率が高くなる」という複数のデータがあり、



海外で75〜85歳の
降圧剤を飲まない高齢者500人を追跡したら、
上が180以上の人たちが最も長生きで、

140を切る人たちの生存率は大変低かった」。


近藤誠『クスリに殺されない47の心得 体のチカラがよみがえる近藤流「断薬」のススメ』,アスコム,2015年



血圧値を人為的に設定した結果、

実は健康な人も「高血圧」になる。


診察を受ければ、

「高血圧」と言う病気になる。


クスリを処方されるが、

実は質病リスクを挙げ、

寿命を縮めるリスクを高める、ということですね。



あなたの今日の「血圧」は、いくつですか?

自身のコンディションを知る上で、

血圧を見ることは大切ですね。

「年齢+110」前後なら、

気にすることはないのかもしれません。



そうでない、「真正の高血圧」については、

次回の記事にします。







<<<1へ   <<<2へ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

血圧のウソホント 高血圧の真実 2 [血圧・高血圧]

【血圧の値の信憑性】



実は、この血圧の数値。

年々、下げられていることをご存知でしょうか。

上(最高血圧)の数値を例にしてみます。



1987年には「180mmHg以下」だったものが、


2004年には「140mmHg以下」

2008年には「130mmHg以下」

2014年には「140mmHg以下」



と、なってきています。


Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E8%A1%80%E5%9C%A7



たとえば血圧の上が139mmHgの人は、

2004年には健康
2008年になっただけで「高血圧」にされたわけです。



2014年、血圧値のガイドラインが変わり、

上の値は140mmHgに戻りましたが、

代わりにと言いますか、分類が細かくなりました



大事な点ですので紹介しておきます。

___________________
至適血圧  (上)120未満 かつ (下)80未満 
正常血圧  120〜129 かつ/または 80〜84
正常高値血圧130〜139 かつ/または 85〜89
___________________
I度高血圧  140〜159 かつ/または 90〜99
II度高血圧  160〜179 かつ/または 100〜109
III度高血圧  180以上 かつ/または 110以上
(孤立性)収縮期高血圧 140以上 かつ 90未満
___________________

赤字部分が、いわゆる高血圧です。
(前出『高血圧治療ガイドライン2014』より)



そして、同ガイドラインでは、



至適血圧であれば

心血管病(脳卒中や心筋梗塞など)を発症する可能性が
最も低い


としています。




これを受けて、

血圧はできるだけ低めがいい

と言い出す団体や個人が出てきています。









【血圧の上限値を決める存在】


この血圧の上限目標値

一体誰が決めているのでしょう?



日本では、

冒頭から登場いただいている、

日本高血圧学会が決めています。




ガイドラインの変更を読む限り、

少なく見積もっても、

「血圧は低めの方が心血管病のリスクが低い」、

と言っています。




2017年には、米国の権威、

米国心臓病学会(ACC)・全米心臓協会(AHA)が

新たなガイドラインを発表しました。


ここでは高血圧の基準が、

140/90 mmHg 以上から、

130/80 mmHg 以上に

引き下げられました。



日本循環器病予防学会
『我が国における血圧の推移』
http://www.jacd.info/library/jjcdp/review/53-2_01_tatsumi.pdf



これを受けて、

さらに「高血圧」の基準が、

引き下げられる可能性がありますね。



そして投薬されます。

高血圧 降圧剤 ウソ.png


これほど上下すると、

どれだけエビデンスや信憑性があって

設定しているか、

疑問になってきます。







<<<1へ  3>>>へ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

血圧のウソホント 高血圧の真実 1 [血圧・高血圧]

どうも、ますてぃと申します。

今回は血圧、特に「高血圧」について、

考えていきます。







現代病とされている「高血圧」。

すでに診断をもらい、

クスリを服用している人も多いのではないでしょうか。




特定非営利活動法人 日本高血圧学会の冊子、

日本高血圧学会『高血圧治療ガイドライン2014』(リンク先:http://www.jpnsh.jp/data/jsh2014/jsh2014_gen.pdf)によると、

日本では4300万人が高血圧であると書かれています。




【血圧ってなに?】



「高血圧」の前に、

そもそも、血圧とは何なのでしょうか?




よく、血圧を測ると、

「血圧の上が○○で下が△△」

と言いますよね。




「上」の血圧は、

心臓が筋肉をギュッと縮めた時の圧力

収縮期血圧最大血圧最高血圧ともいいます。




「下」の血圧は、

心臓が最も広がった時の圧力

拡張期血圧最小血圧最低血圧ともいいます。



【「高血圧」ってなに?】

「高血圧」とは、

この血圧値の

上か下のどちらか一方、もしくは両方が、

140/90mmHg以上になる「病気」です。


(前出『高血圧治療ガイドライン2014』より)





「高血圧」にも種類があり、

原因がわからないもの(本態性高血圧)、

原因が明らかなもの(二次性高血圧)、

とがあります。




日本人の「高血圧」の約9割は、
原因がわからないほうの、二次性高血圧だそうです。




で、ドクターに言われます。

「上(または下)はXX以下が正常値と言われています。

あなたはそれ以上なので、高血圧です。

生活習慣を見直して、

おクスリ(降圧剤)を飲むように。」

高血圧 降圧剤 ウソ.png






2へ>>>  3へ>>>
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
血圧・高血圧 ブログトップ