キャッシング お家で手軽にできるデトックスと免疫強化方法2:優しい叡智倶楽部:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
初めての方はこちらをお読みくださいね。 優しい叡智倶楽部について

お家で手軽にできるデトックスと免疫強化方法2 [デトックス]

どうも、ますてぃと申します。

前回は、体調不良の多くは、
デトックスだけでもかなり
変化を感じられるでしょうとお伝えしました。

しかし根本解決を目指すであれば、
毒素を極力入れないことが必須であり、
カラダにいいモノゴトを増やすことが大切になります。

今回は、デトックスと合わせて心がけたい
毒素を入れないこと
カラダにいいモノゴト
について、もう少しだけ詳しく
考え方をご紹介します。

face.jpg



【日用品、特に水回り品・化粧品について】
日用品は、もっとも多く、ダイレクトに
有害化学物質と触れる要因であり、
肌に触れるものの多くは直接体内に入ります

さらに詳しい記事は こちら

「せっけん洗剤」というのも昔からありますね。

今では安全性の高い洗剤や化粧品も
増えてきました。

家中の水回り品や洗剤、
お化粧品の一式入れ替え、つまりは
ブランドチェンジをしてください。


【食事について】
食材は、自然栽培(無農薬、無肥料)が理想です。
ついでオーガニック(無農薬、有機肥料)ですが、
オーガニックの場合、完熟肥料を使っているものを選びましょう。

食材に感謝しつつ、
腹八分で、よく噛んでいただきましょう^^

できる限り、以下のものは摂らないようにします。
特にデトックス期間の3ヶ月は
おやめになってください。

遺伝子組み換え食品
小麦粉・小麦粉製品グルテンフリーにする
人工的な食品添加物化学調味料人工甘味料など)
トランス脂肪酸(マーガリン、サラダオイルなど)

乳製品、肉類は、
ゼロにする必要はないと考えられますが、
減らすようにしましょう。

アルコールやカフェインも
減らしましょう。

次に糖質についてです。
本来は必須栄養素の一つです。
身体のおそよ1/3を占める赤血球は、
ブドウ糖しかエネルギー源にできません。

糖質は通常、基本の食事だけで十分摂れます。

ただ、特に多くの日本人の社会生活は、
付き合いや飲み会など、
暴飲暴食が好きな傾向があります。

そう言う場合は、
意識的に糖質を減らすよう心がけましょう。

また、間食やティータイム、あるいは水分補給の中で、
糖類がたっぷり入ったものは控えましょう。

塩は自然塩(岩塩や海の塩)にしましょう。


増やすといいもの。
納豆や味噌などの発酵食品
野菜海藻

和食はいいですよ〜〜♪



タバコ系。
特にデトックス期間の3ヶ月は
おやめになってください。


特に愛酒家、愛煙家の人には
酷かもしれませんが(苦笑)

体が綺麗になってくると、
不思議なのですが自然に、
タバコやコーヒー、お酒も、
そこまで欲しいと思わなくなります(笑)

人口調味料や添加物の多い食べ物も、
食べたいと思わなくなります。
本能レベルでわかるようになるんでしょうね^^*


【電磁波対策】
これも、ゼロにするのは、
相当ハードルが高いです。

ですので・・・。
単純に利用機会を減らす、
携帯は肌から離して利用する、
電磁波を軽減するアイテムを買うなどを、
生活に取り入れてください。



【強力な免疫力アップ方法】
日用品のブランドチェンジ、デトックス、
食事の変更だけでも、
免疫は回復していきます。

最後に、一層自己免疫を強化する、
有効な方法についてご紹介します。

それは・・・・


よ〜〜〜く寝ること
深〜〜〜い呼吸をすること

です!

睡眠時間はどれくらいがいい、
ということより(人によって違いますから)、
リラックスして熟睡できているか
が大切です。

リラックスしている時、
呼吸も深くなります。

反対に、意識的に深い呼吸を心がけると
リラックスしていきます

いつもより少し長く吸って、長く吐く
これだけでかなり違いを感じるはずです^^

リラックスすると
免疫力や回復力などが向上します。
(他にもいろいろいいコトづくしです)

これらには、この倶楽部で紹介している
入浴方法も一役買ってくれます。

そして眠る前に、
何でもいいので、
その日1日に感謝するといいですよ♪


腸内環境をはじめ、体の隅々まで、
全〜〜〜部キレイにして保つ!
深〜〜〜い呼吸を意識する☆
よ〜〜〜く寝る!(と感謝♪)
まとめてしまうとシンプルですが、
このシンプルな暮らしを、
遠ざけて複雑にしているのが、
現代の暮らしとも言えますね。

いきなりすべて変えるのは、
結構大変かもしれません。

日用品は一気に変えてみて欲しいですが、
その他は、生活習慣とも
密接につながっていると思います。

習慣化されたものを一気に変えようとすると
多くの人はものすごいストレスを感じます

元あった生活に戻ろうと言う本能が働き
長続きしなくなります

そう言う場合は、
少〜しずつ、徐々に、着実に、
小さな変革を重ねていってくださいね^^

<<<その1
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0