キャッシング 優しい叡智倶楽部:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
初めての方はこちらをお読みくださいね。 優しい叡智倶楽部について

今こそマスターしたい お米のとぎ汁“乳酸菌”〜万能とは言えないが桁違いの恩恵を手に入れよう〜 [発酵・菌活]

【本当に良いものをタダ同然で手に入れよう】

どうも、ますてぃです。

今回は故・飯山一郎さんの1周忌に敬意を評して、

改めて「お米(のとぎ汁)の乳酸菌」を記事にします。

お米 とぎ汁 乳酸菌.png

(生成初期のとぎ汁)


私も、基本的に毎日飲んでいます^^






さて、飯山一郎さんのおかげで、

一躍大衆に開かれた「お米(&とぎ汁)の乳酸菌」。

ご存知の方も多いでしょう。

厳密に言えば、飯山さんもおっしゃっているように

「主に乳酸菌。複数の有益な菌たちの複合菌液」です^^;

「お米の乳酸菌」とはいえ、少なくとも300種

有益な菌たちが働きかけています。

分かりやすく「乳酸菌」といわれるものの、

単体ではない、と言うことは、

とても大切なので確認していきたいですね。


以後は、飯山先生の意図に則った上で、

「乳酸菌」と略させていただきますね。



震災に伴う放射能の影響もあって、

一部で尾ひれがついたり曲解があったり・・・

それでも、あまりにも貢献度の高い知識の一つが、

お米のとぎ汁で作る乳酸菌

です。

黙って、あるいは塾ビジネスで

「門外不出」とかにしておけば、

莫大な財も築けたはずです。



しかし彼は、無料公開してくれました。

最大の理由は、先の震災に伴う放射能汚染です。


いかに被害を軽減するか、

飯山さんはとにかく情報発信と激励に、

精を出されていました。



この「お米の乳酸菌」、

原料はと言えば、普段は捨てるものがベースです。

しかし、

土壌改善・土壌蘇生に使ってよし、

私たちの体内の菌活に生かしてよし、

消臭洗浄悪性菌やウィルスの抑制

発酵食品の生成・・・

活躍の場はあまりに広い産物です^^



これが、

普段捨てているもので、簡単に作れます。

原材料から徹底的に良いものを選ぶこともできますが、

できるだけ手軽さを重視して、

今回は簡単にしてみます^^;



とはいえ、

遺伝子組換え作物、

農薬や化学肥料をバンバン使用しているものは、

除外してくださいね(苦笑)







【材料】

・玄米(白米でももちろんできます)のとぎ汁(2回目以降推奨)
 農薬等の影響の少ない新鮮なもの。

・とぎ汁に対して3%の砂糖(何でもいいです)

・とぎ汁に対して1%岩塩または粗塩


【作り方】

1 材料を、よく洗ったペットボトルに入れてよくシェイク。

2 蓋をして暖かい場所に放置。

3 1日に1−2回、振ってガスを抜く。

夏場なら3−4日で、冬場なら1週間ほどで完成です。

ヨーグルトを思わせる甘酸っぱい香りがしたら成功です。


砂糖は菌たちの餌です。

「黒砂糖しか認めない!」

などと言う方も見受けられますが、

私が色々試した結果、何でもいいです。

無事に乳酸菌が育ちましたから^^

(確かに黒糖は、より生育が活発です^^)


私は朝晩、グビっとやってます^^



味が苦手という方は、

フルーツジュースで割るといいでしょう。








腸内細菌のバランスは、

僕たちの心身のコンディションに

非常に多様な影響を与えます。



何か不調を感じたら、

まず腸内フローラの不調和を

疑ってみてもいいかもしれませんね。



反対に、腸内環境が整うと、

非常に多くの不調が改善される可能性があり

活き活きと過ごしやすくなります


飲む他に、

室内に充満させて呼吸で

利用する方法もあります。



直接、喉や気管支に入ったウィルスも

抑制してくれます。


【とぎ汁の乳酸菌は危険?!】
「とぎ汁の乳酸菌は危険」と言う記事を

見かけた方もおられると思います。

私ももちろん読んで参りました。



少しだけ書きますと、

発酵の過程で、

有益な菌(乳酸菌など)が、

大腸菌など私たちによくない影響を与える菌に、

勢力圏を奪われると「危ない液体」・・・

平たく言えば腐った液体になります。


原因を考えてみます。

不衛生な環境下、

痛んだお米、

ちゃんと洗っていない器具

これらが原因ですね。

ペットボトルやボウル、ロウトなど、

器具はしっかり洗浄してから使ってください。


手前味噌で恐縮ですが、

今の所1度として失敗(腐敗)したことがありません。


まずは恐れず作ってみていいでしょう。



今回は談を省きますが、

もちろん様々な調理にも使えます。


自己責任ではありますが、

この「お米のとぎ汁乳酸菌」

ぜひとも、

ご家庭の知恵袋のトップに入れておいて

頂きたいものです。


改めて器具を買い足すこともありませんし。

万一失敗しても、

原料はタダ同然で手に入ります。

リトライはとても手軽です^^

菌活、試してみてはいかがでしょうか。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康